2020.11

お知らせ

大阪 大丸梅田店期間限定店舗の現地リポートを公開

大丸梅田店「michi kake 1st Anniversary」にわたしの温度®が登場

「トッパンフォームズ」が研究開発した「フェムテック」製品「わたしの温度」が、このたび大阪の大丸梅田店「michi kake 1st Anniversary」にて、百貨店初登場。日本ではまだなじみの薄いフェムテックに、たくさんの女性が興味を示され、「こんな便利なものが!」とご好評をいただきました。その内容を皆さまにご報告いたします。

写真:「わたしの温度」販売スペースレジ前

1周年を迎えた「michi kake(ミチカケ)」とは?

大丸梅田店5階にある「michi kake(ミチカケ)」は、2019年11月に誕生しました。「月のみちかけのように、あなたのリズムに寄り添う」をコンセプトにしたゾーンでは、ファッションやコスメと同じように、女性のデリケートな悩みや不安に向き合うための商品も取りそろえています。
そのミチカケで2020年11月18日(水)~12月1日(火)まで、1周年を祝するイベントが行われ、ポップアップストアにて「わたしの温度」を販売させていただきました。温度変化をキャッチして女性特有のリズムを知るという、製品の特性がミチカケのコンセプトにぴったりということで、大丸梅田店さまのご厚意を賜り、格式ある百貨店デビューがかなったことは大きな喜びです。

写真:大丸梅田店michi kake 1st Anniversary記念ディスプレー

女性の生活をサポートする「フェムテック」とは

「わたしの温度」は、日本ではまだなじみの薄い「フェムテック」を導入したアプリ連動型のヘルスケアデバイス。「フェムテック(Femtech)」とは、Female(女性)とTechnology(技術)から生まれた造語で、最新のテクノロジーにより女性の健康を管理するソフトウエアやサービスを意味します。
特に、妊活や生理周期管理などの分野において、「自分の体は自分で管理する」習慣が徹底している欧米では、積極的に活用されています。また、日本でも近年は自分の体について正しい知識を持ちたい女性が増え、今後はフェムテック製品の需要が伸びることが期待されます。

女性特有のリズムに注目した、女性のためのデバイス

「わたしの温度」ポップアップストアで、お客さまが最も注目されたのは「こんなに簡単なの?」というポイントです。専用のナイトブラにデバイスを装着し、あとは寝るだけ。従来は毎朝決まった時間に基礎体温計で体温をチェックし、グラフに書き込む必要がありましたが、「わたしの温度」なら何もしなくて大丈夫。デバイスと連動したスマートフォンアプリに数値が自動で取り込まれ、データとしてさまざまな体のリズムを教えてくれます。

「わたしの温度」で得られるデータは、ベーシックな生理日や排卵日の予測だけではありません。3種類(妊活、ビューティー&PMS[月経前症候群]、ウェルエイジング)のモードが組み込まれており、「妊活中です」「生理痛がつらい」「更年期が近くて」というお客さまも、興味を持ってご覧になっていました。

ご来場のお客さまからは、こんな反応が……

会場で製品を手に取ったお客さまからは、こんなお声が聞かれました。

「実はさっき基礎体温計を買ったばかりなんですが、こちらの方がカンタンなので、購入します」
「こんな画期的なツールがあるなんて、今まで知らなかった」
「自分の体のことなのに、実はよくわかってなかったんですね」

やはりフェムテック製品は「初めて見ました」という方が圧倒的でした。そして、機能をご説明すると「すごい!」「便利!」というお声が。「わたしの温度」は、女性の多くが必要としている温度リズムを、手軽に知ることができる現代女性の必需品といえます。

写真:接客中

ここが「いいね!」ポイント
  • ナイトブラに装着するだけ。寝ている間に自動で計測
  • 取得したデータを自動でグラフにしてくれる
  • 3つのモードで、妊活・生理不順・更年期などさまざまなお悩みに対応

婦人科医師が監修、アドバイスがもらえる

「わたしの温度」の開発に当たっては、婦人科医師として豊富な臨床経験を持つ松村圭子先生が監修。医学的な見地から、モードとデータの数値に応じてアプリ上でアドバイスがもらえます。松村先生は婦人科の悩みはもちろん、同性の立場から女性がより快適に生活できるよう、さまざまなサポートを実践されています。

Dr.Keiko
Matsumura
松村 圭子医師 /
婦人科専門医

広島県出身。1995年広島大学医学部卒業後、同産婦人科学教室入局。2010年、成城松村クリニック開院、院長に就任。婦人科疾患のみならず、女性のトータルケアをサポートする。婦人科専門医。講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。

百貨店ならではのスタンスで現代女性を応援

大丸梅田店 プロモーションスタッフ 改發朋美さん

ミチカケは、全国の大丸の中でも梅田店にしかない、特別なゾーンです。女性の暮らしを、より快適に楽しくするさまざまな商品の提案やイベントを実施しており、「わたしの温度」はまさに、ミチカケのコンセプトにマッチしています。michi kake 1st Anniversary記念イベントでは、トッパン・フォームズさまという信頼ある企業にご参加いただき、よいご縁が持てたことに深く感謝いたします。
「わたしの温度」は、少し先の未来には当たり前になっている商品です。そんなすてきで新しい発見を、いち早くお客さまにご紹介できたことは、大丸梅田店としても大変意義がありました。また、実店舗で商品を手に取ってご覧いただくことで、お客さまのお悩みをじかにお伺いし、接客を通じて安心していただくことができたと感じます。今後も「わたしの温度」が女性の生活を明るくしてくれるよう、一人でも多くの方に知っていただきたいと思います。

企画・開発は「トッパンフォームズ」が担当

「わたしの温度」は、トッパンフォームズが長年にわたり研究してきた技術やノウハウを、「ヘルスケアIoTサービス」という新分野に応用展開した、女性のためのウエアラブルデバイスです。この製品が誕生するまでには、多くの女性の声が生かされています。開発者もまた、悩みを持つ女性の一人でした。

約500名の女性の声が形になりました

トッパン
フォームズ
事業推進担当
 青木美奈さん

月経は女性が長年付き合うものなのに、自分の体のことを知らない人が少なくありません。そんな方々に自分の温度リズムを知ってもらい、健康管理に役立ててもらえればと思い手がけたのが「わたしの温度」です。開発には、悩みを持つ女性モニター約500名にご協力いただきました。その中にはmichi kakeさまフロアのスタッフさまも含まれています。製品と売り場の方向性がシンクロすることから、ご協力をお願いして快諾していただきました。michi kakeさまのサポートには心から感謝しております。
デバイス本体、ナイトブラともども、何度も試作を繰り返してモニターの声を反映させました。はじめは「何だろう」と不思議そうに眺めているお客さまが、説明を受けると「こういう商品が必要だった」と言ってくださるのがうれしかったです。今後もこのイベントでお伺いした意見を取り入れ、品質の向上に力を注ぎたいと思います。

まとめ

トッパンフォームズにとっては初めての百貨店出店、大丸梅田店にとっても新しいジャンルへのアプローチ。お互いにとって新鮮な発見のあるイベントは、好評のうちに幕を閉じました。これを機会に、一人でも多くの女性に「わたしの温度」を知っていただき、快適な生活のための健康管理に役立てていただきたいと願います。