〈企業インタビュー〉

トッパン・フォームズ株式会社

2020,10,12

「わたしの温度」を社員さまにモニターとして貸し出していただいた企業さまへ
使ってみた感想をお聞きしてみました。

妊活

永堀美穂さん 33歳
(東京都/金融担当)

つけて寝るだけ。
自動で温度リズムが測れる
妊活の味方

不妊治療の末に授かった第一子。
2人目の妊活中に出合ったのが
「わたしの温度」

ー「わたしの温度」のモニターになったきっかけを
教えてください。

永堀さん(以下、永堀) ちょうど2人目の妊活中だったんです。じつは1人目のときに不妊治療を受けていまして、今回も病院には通い始めていたときでした。そこにちょうど「わたしの温度」のモニターの話を聞きまして、自社の新製品ですし、ぜひ参加してみようと思ったのがきっかけです。

ーそれまで、基礎体温計や類似した
他のアプリを使っていた経験はありますか?

永堀 はい。もともと1人目の妊活のときに基礎体温計は1年ほど使っていたので、今回2人目の妊活を始めたときも使い始めました。

ーでは、基礎体温計と併用して
「わたしの温度」も使用されたんですね。

永堀 正直、モニターに参加する時点では「わたしの温度」のデータがどこまで正しいか信用できなくて(笑)。基礎体温計のほかに、「わたしの温度」とは別のアプリも使用していました。

基礎体温計より簡単で
温度リズムも一致。
途中からは「わたしの温度」だけを
利用して妊活を続けた

ー妊活中はとくに正確なデータがほしいですよね。
実際に使ってみて、いかがでしたか?

永堀 「わたしの温度」は、基礎体温計の結果とほとんど一致していたんです。別のアプリとは排卵予測日がずれていたのですが、基礎体温計で測定されるデータと一致していたこともあって、途中から「わたしの温度」を信用するようになりました。基礎体温計を併用していたのも最初の2週間ぐらいだけで、途中から「わたしの温度」一本です。

ー妊活には役立ちましたか?

永堀 まさにモニター期間中に妊娠しました!1人目のときは排卵誘発剤を使用していたのですが、今回は卵子が順調に育っていたこともわかったので、薬は使用していません。「わたしの温度」のデータを信じました。

ーおめでとうございます。
アプリやデバイスそのものの使い勝手はどうでしたか?

永堀 基礎体温計は、どうしても口に体温計を入れて計測している間に二度寝しちゃったりするので、「わたしの温度」はとにかく楽でした。デバイスを専用のナイトブラにセットして装着するだけなので、起床時間を気にしなくていいのも嬉しかったです。また、他のアプリは計測したデータをさかのぼって見たいときなどにいちいちタップしないといけなかったのですが、「わたしの温度」はスクロールすれば過去のデータもどんどん表示されるので、操作のストレスも少なかったですね。

専用ブラで「つけて、寝るだけ」。
妊活中の人にぜひおすすめしたい

ー妊活中の女性におすすめできそうでしょうか。

永堀 そうですね。なんといっても私は妊活に役立ったので、満足しています。これまでは基礎体温を舌下で測って、アプリなら手入力、アナログの表なら手書きして初めて自分の温度リズムを曲線として可視化できていました。でも、「わたしの温度」なら専用ブラを使ってデバイスを装着するだけで、これらのすべてをオートマチックでおこなってくれます。この手間のなさだけでも妊活中の人にはおすすめしたいですね。

ーそのほか「わたしの温度」に関して
何か感想があれば教えてください。

永堀 専用ナイトブラでバストケアが同時にできるところでしょうか。もともと、去年の秋ごろからナイトブラを使用していたんです。寝ているときもしっかりホールドされている感じがして、安心します。いまはお腹が大きくなってきたのでつけていませんが、出産したらまたお世話になるんじゃないでしょうか。